薬屋さんのダイエット〜健康的にスリムになろう!〜

薬屋さんのダイエット
〜健康的にスリムになろう!〜

ダイエット、やろうやろうと思っても、なかなか一歩が踏み出せない…
そんな貴方様はぜひ一度、
らくだのダイエットにチャレンジしてみませんか?

運動だけで体重を減らすのは、非常に難しいとお考え下さい

運動だけで体重を減らすのは、
非常に難しいとお考え下さい

ダイエットしよう!という時に真っ先に浮かぶのが「運動」。しかし、運動で体脂肪を減らすのは非常に困難です。

例えば、体脂肪1Kgを消費する為に必要な運動は、内容別に以下の通りです。
(所要時間は目安で、体重等によって変わってきます)

ダイエットしよう!という時に真っ先に浮かぶのが「運動」。しかし、運動で体脂肪を減らすのは非常に困難です。

例えば、体脂肪1Kgを消費する為に必要な運動は、内容別に以下の通りです。
(所要時間は目安で、体重等によって変わってきます)

速歩(早歩き)約38時間
ジョギング(軽め)約22時間
自転車(軽い負荷)約35時間
水泳約16時間
速歩(早歩き)約38時間
ジョギング(軽め)約22時間
自転車(軽い負荷)約35時間
水泳約16時間

実際には運動で汗をかくなどで、運動直後の体重はそれなりに減っていますが、減った体重は汗による水分が主であると思われます。運動そのものは、運動能力や筋肉の維持・増強に役立ち、太りにくい体作り・リバウンドしにくい体作りに役立ちます。ですが運動だけで体重を減らすのは非常に難しいのです。

実際には運動で汗をかくなどで、運動直後の体重はそれなりに減っていますが、減った体重は汗による水分が主であると思われます。

運動そのものは、運動能力や筋肉の維持・増強に役立ち、太りにくい体作り・リバウンドしにくい体作りに役立ちます。ですが運動だけで体重を減らすのは非常に難しいのです。

健康的にやせる!くすりやさんのダイエット

健康的にやせる!
くすりやさんのダイエット

運動で体重を減らすのは難しい、ならばどうやってやせるのか。答えは簡単で

1.無駄なカロリーを摂取しない!
2.代謝を上げる!
3.お通じを毎日健やかに保つ!

この3つです。

 

 
【1.無駄なカロリーを摂取しない】
なんといってもこれに尽きます。
小腹が空いた時に食べてしまった100キロカロリーのお菓子やおせんべい・・・
その100キロカロリーを消費する為に必要な運動はウォーキング約20分!

ダイエットをお考えの方は、20分歩く労力を費やしてまで、
その100キロカロリーのお菓子やおせんべいを食べたいのか、よく考えてみましょう。

無駄なカロリーの最たるものは「間食」です。間食の何がいけないかというと・・・


①お腹が空いた時に消費するはずの皮下脂肪を消費しない

本来私たちの体は、おなかが空いた時のために「皮下脂肪」という形の蓄えを持っています。
逆に言うと「皮下脂肪」を燃焼させるためには「おなかが空いている」事が必須なのです。
間食はこの「皮下脂肪」という蓄えの出番を奪うので、運動などの頑張りを簡単に帳消しにしてしまいます。


②消化器系に負担をかけることで、消化器系の寿命を縮める

私たちがお休みの日に突然降りかかってくる出勤命令を「休日出勤」と言います。
休みだと思っていた体も頭もうんざりする出来事です。

消化器系も休みたいときは休みたい訳で、
1日3回の食事の消化・吸収で頑張ったら、他は休ませてあげた方が楽だし長持ちするのです。
間食を我慢することで、消化器系の負担を減らし、丈夫な胃腸を長く保つことができます。


【2.代謝を上げる】

「食べない」ダイエットで陥りやすいのがこれ。
必要以上に「食べない」ことで、必要な栄養素が十分に取れず、基礎代謝が落ちてしまいます。

一見体重が減って満足したとしても、基礎代謝が落ちた体は以前より太りやすい体です。
目標体重に到達しても、元の生活に戻ったらリバウンド待ったなし!
代謝を上げる、あるいは最低でも代謝を下げない事は、ダイエットをする上で非常に重要なのです。

 

【3.お通じを毎日健やかに保つ】
お通じが出ないことでおなかにガスがたまり、お腹のラインがより湾曲してしまうのも問題ですが、
お通じがない事そのものと同じかそれ以上に、「お通じが無い体質・生活習慣」が問題です。
お通じが出ない原因は様々ですが、ことダイエットに関しますと

1.お腹周りが冷えており、脂肪は燃えないし腸も温まらない
2.腸の新陳代謝が低下しており、お通じの材料「腸の垢」が少ない

という点が特に問題です。

お腹に脂肪がつくとお腹の熱が脂肪に奪われ、腸の活動・新陳代謝が低下し、
お通じが出にくくなってしまいます。
お通じが出ないなら下剤で出したらいい、という事ではなく、
下剤に頼らず毎日「健やかな」お通じがある、という事が大切です。

 

運動で体重を減らすのは難しい。
ならばどうやってやせるのか。
答えは簡単で

1.無駄なカロリーを摂取しない!
2.代謝を上げる!
3.お通じを毎日健やかに保つ!

この3つです。

 
1.無駄なカロリーを摂取しない

なんといってもこれに尽きます。
小腹が空いた時に食べてしまった100キロカロリーのお菓子やおせんべい・・・
その100キロカロリーを消費する為に必要な運動はウォーキング約20分!

ダイエットをお考えの方は、20分歩く労力を費やしてまで、その100キロカロリーのお菓子やおせんべいを食べたいのか、よく考えてみましょう。

無駄なカロリーの最たるものは「間食」です。間食の何がいけないかというと・・・


①お腹が空いた時に消費するはずの皮下脂肪を消費しない

本来私たちの体は、おなかが空いた時のために「皮下脂肪」という形の蓄えを持っています。

逆に言うと「皮下脂肪」を燃焼させるためには「おなかが空いている」事が必須なのです。

間食はこの「皮下脂肪」という蓄えの出番を奪うので、運動などの頑張りを簡単に帳消しにしてしまいます。

 

②消化器系に負担をかけることで、消化器系の寿命を縮める

私たちがお休みの日に突然降りかかってくる出勤命令を「休日出勤」と言います。
休みだと思っていた体も頭もうんざりする出来事です。

消化器系も休みたいときは休みたい訳で、1日3回の食事の消化・吸収で頑張ったら、他は休ませてあげた方が楽だし長持ちするのです。

間食を我慢することで、消化器系の負担を減らし、丈夫な胃腸を長く保つことができます。


2.代謝を上げる

「食べない」ダイエットで陥りやすいのがこれ。必要以上に「食べない」ことで、必要な栄養素が十分に取れず、基礎代謝が落ちてしまいます。

一見体重が減って満足したとしても、基礎代謝が落ちた体は以前より太りやすい体です。
目標体重に到達しても、元の生活に戻ったらリバウンド待ったなし!

代謝を上げる、あるいは最低でも代謝を下げない事は、ダイエットをする上で非常に重要なのです。

 

3.お通じを毎日健やかに保つ

お通じが出ないことでおなかにガスがたまり、お腹のラインがより湾曲してしまうのも問題ですが、お通じがない事そのものと同じかそれ以上に、「お通じが無い体質・生活習慣」が問題です。

お通じが出ない原因は様々ですが、ことダイエットに関しますと

1.お腹周りが冷えており、脂肪は燃えないし腸も温まらない

2.腸の新陳代謝が低下しており、お通じの材料「腸の垢」が少ない

という点が特に問題です。

 

お腹に脂肪がつくとお腹の熱が脂肪に奪われ、腸の活動・新陳代謝が低下し、お通じが出にくくなってしまいます。

お通じが出ないなら下剤で出したらいい、という事ではなく、下剤に頼らず毎日「健やかな」お通じがある、という事が大切です。

 

リバウンドしにくい食生活を身に着け、
ダイエット後も体重を維持

リバウンドしにくい
食生活を身に着け、
ダイエット後も体重を維持

ただ単に食事の量を減らしたり、食生活・生活習慣を改善しないまま無理な運動などで痩せても、
それらの無理をしなくなった途端に元通り、つまりリバウンドしてしまいます。



例えば、1日3食のうち、2食を置き換えた場合、相応の結果が出たとしても、
置き換えをやめて1日3しっかり摂るようになってしまったら、元の体重に戻るのは自明の理です。

また、体重を減らすといっても、減らすべきは「体脂肪」であって「筋肉」ではありません。

食べ物を食べないダイエットで陥りやすいのがこの「脂肪ではなく筋肉が減ってしまう」
という体作りで、筋肉が減った分基礎代謝が落ちてしまうと、
体重を維持するのにより一層食べるのを我慢しなくてはなりません。
こうなると悪循環の一途で、食べる事が我慢できなくなった途端リバウンド一直線です。

自分の適性体重を知り、適性体重を維持するための適切な生活習慣を、
ダイエットする過程で身に着ける事が、リバウンドと縁が薄い、
健康的な生活習慣であるとらくだは考えております。

ただ単に食事の量を減らしたり、食生活・生活習慣を改善しないまま無理な運動などで痩せても、それらの無理をしなくなった途端に元通り、つまりリバウンドしてしまいます。

例えば、1日3食のうち、2食を置き換えた場合、相応の結果が出たとしても、置き換えをやめて1日3しっかり摂るようになってしまったら、元の体重に戻るのは自明の理です。

また、体重を減らすといっても、減らすべきは「体脂肪」であって「筋肉」ではありません。

 

食べ物を食べないダイエットで陥りやすいのがこの「脂肪ではなく筋肉が減ってしまう」という体作りで、筋肉が減った分基礎代謝が落ちてしまうと、体重を維持するのにより一層食べるのを我慢しなくてはなりません。

こうなると悪循環の一途で、食べる事が我慢できなくなった途端リバウンド一直線です。

自分の適性体重を知り、適性体重を維持するための適切な生活習慣を、ダイエットする過程で身に着ける事が、リバウンドと縁が薄い、健康的な生活習慣であるとらくだは考えております。

らくだでのダイエット成功例(体験談)

らくだでのダイエット成功例
(体験談)

ダイエットで悩んでた方の体験談を紹介いたします。

 

○50代 女性 6kg 約3~4か月
腰痛が辛いのでダイエットして楽になりたいとの事。
ビタミン・ミネラルの補給で代謝アップ。月1.5~2kgをマイペースでダイエット。


○40代 男性 4.6kg 約50日

結婚後のいわゆる幸せ太りで、テーブルに出されるものを
残さないようにしている内に体脂肪増加。
間食抜きダイエットと青汁等でミネラルなどの栄養素補給で健康的にダイエット。


○40代 女性 3Kg 約10日

以前自己流でダイエットしたら立ちくらみが。
今回は大豆ペプチドで健康的にダイエット。
疲れも取れ、自転車での通勤も楽しいとの事です。
1つ下のサイズの服が切れたとお喜びでした。


○20代 男性 10kg 約45日

体重が三桁になり、このままでは生活習慣病になってしまう、なんとかしないととダイエット開始。
頑張った甲斐あって1か月半で10キロへり二桁まで戻す。

ダイエットで悩んでた方の体験談を紹介いたします。

○50代 女性 6kg 約3~4か月
腰痛が辛いのでダイエットして楽になりたいとの事。ビタミン・ミネラルの補給で代謝アップ。月1.5~2kgをマイペースでダイエット。


○40代 男性 4.6kg 約50日

結婚後のいわゆる幸せ太りで、テーブルに出されるものを残さないようにしている内に体脂肪増加。
間食抜きダイエットと青汁等でミネラルなどの栄養素補給で健康的にダイエット。


○40代 女性 3Kg 約10日

以前自己流でダイエットしたら立ちくらみが。
今回は大豆ペプチドで健康的にダイエット。
疲れも取れ、自転車での通勤も楽しいとの事です。1つ下のサイズの服が切れたとお喜びでした。


○20代 男性 10kg 約45日

体重が三桁になり、このままでは生活習慣病になってしまう、なんとかしないととダイエット開始。頑張った甲斐あって1か月半で10キロへり二桁まで戻す。

ダイエット、お気軽にご相談ください♪

ダイエット
お気軽にご相談ください♪

ダイエットの本質は「摂取するカロリー減らす」「消費するカロリーを増やす」たったこの2つです。

ですが事はそう単純ではありません。
人には欲があり、現在抱えている生活環境もあります。

だから手っ取り早い方法を聞きかじっては試し、そして結果が出なかったり出てもリバウンドしたり…

来店される前の皆様はそんな方々でした。


らくだのダイエットは、「その人のあるべき姿になるべく近づける」という、医療がすべきこ事とほぼ同じ「薬屋さんのダイエット」です。

必要な栄養素を必要なだけ取り、無駄なものを極力省き、効果的に運動を取り入れるという、人が健康になるために必要なエッセンスがぎっしり詰まっています。

他でやってみたけど上手くいかなかったという方、ぜひ一度ご相談くださいませ。

貴方さまにとって一番いい方法を、一緒に考え実践しましょう!

ダイエットの本質は
「摂取するカロリー減らす」
「消費するカロリーを増やす」

たったこの2つです。


ですが事はそう単純ではありません。
人には欲があり、現在抱えている生活環境もあります。

だから手っ取り早い方法を聞きかじっては試し、そして結果が出なかったり出てもリバウンドしたり…来店される前の皆様はそんな方々でした。

 

らくだのダイエットは、

「その人のあるべき姿になるべく近づける」

という、医療がすべきこ事とほぼ同じ「薬屋さんのダイエット」です。

 

必要な栄養素を必要なだけ取り、無駄なものを極力省き、効果的に運動を取り入れるという、人が健康になるために必要なエッセンスがぎっしり詰まっています。

 

他でやってみたけど上手くいかなかったという方、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

貴方さまにとって一番いい方法を、一緒に考え実践しましょう!