□らくだ体験談「スネのかゆみ」ー50代 女性―

野田ジャーナルに掲載させて頂いた、クスリのらくだのお客様による体験談です。
いろいろ薬などを飲んでもスネのかゆみが治らなかった50代女性の方が、クスリのらくだで治療後、症状が改善されました。

スネのかゆみ 50代女性

約五年前から足のスネにかゆみのある皮フ病でいつもかいている。
いろいろ薬などを飲んでいるが治らないと足を見せて頂く。
変色し、ただれのある皮フ病。両足に沢山の血栓がある。ひどい肩こりも有る。食生活等を改めながららくだの漢方薬等服用頂く。

一週間後尿と便の量がすごく増えた。約二週間後足のかゆみ治る。
三週間後「肩こりもかゆみも治って足に手がでることない」と笑顔。
※野田ジャーナル 1657号掲載済み※

【「かゆい」症状は食生活改善が欠かせません】

かゆみの原因は様々ですが、3つの大きなポイントがあります。

1.かゆみの閾値(しきいち)が低下し、かゆいと感じやすくなっている

2.かゆみを感じやすい肌の状態が持続してしまっている(乾燥等)

3.かゆみを引き起こす物質が血液中や体内に増加してしまっている

いわゆる「かゆみ止め」のお薬は、内服・外用いずれも、上記1~3の原因を改善してくれません。
例えるなら、川の上流から流れてくるゴミで河口が埋まってしまう、その問題の解決法に「河口でゴミを拾う」という手法を提示している様なものです。

手術や外科的手法によって人工的に何かを注入したのでなければ、人間の身体の原材料は食べ物「だけ」であって、それ以外の何かで出来てはいません。
かゆみが出るでないというのが身体の問題である以上、かゆみが出る体作りを、今現在の食事が助長している可能性は非常に高く、少なくともゼロではありません。
であれば、食事を適切にすることは、それだけでかゆみの全てが治まるのでないにしても、より改善に近い状態に自分の身体を持っていくうえで有益であり、この方の場合その一例と言えます。

漢方薬・健康食品の継続、および出費も、食生活の見直しで随分減らせることが出来ると思います。
かゆみでお悩みの方、お気軽にご相談くださいね。

 

 

▽お問い合わせは下記リンクからお願いします▽ 

http://kusurinorakuda.com/contact/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です