□らくだ体験談「認知症かも」ー80代 女性―

野田ジャーナルに掲載させて頂いた、クスリのらくだのお客様による体験談です。
認知症様の兆候がみられた80代女性の方が、クスリのらくだで治療後、症状が改善されました。

認知症かも 80代女性

奥様が外出。しかし5、6時間後警察のお世話に。
その数日後も家族で長時間捜したり警察へ。
認知症かもしれないので漢方を飲ませたいとご相談に。長い間食事の用意もご主人がやっているとのこと。らくだでは漢方で肝腎の補強など。1カ月後、朝食の用意を手伝う。4カ月後の現在は奥様が夕食をほぼ全部用意出来る様に。
らくだの服用後は帰宅困難は一度も無いとご報告。
※野田ジャーナル 1658号掲載済み※
【認知症かな?と気になる方、お気軽にご相談ください】

現在効果的な治療法が無いとされる認知症。
脳の老化現象・機能低下が主な原因ですが、複合的な原因による体の機能低下が原因の症状は、西洋医学ではなかなか効果が出にくいのかな、と思います。

この方の場合、認知症のお薬なんていうものは勿論存在しない為、脳の機能に必要な栄養素と、血行改善の漢方薬の併用をお勧めさせていただきましたが、それが功を奏した形で、その後も元気でお過ごしでいらっしゃます。

らくだには病院で特定の診断が下った後、何らかの治療をしているにもかかわらず、症状が改善しない方がいらっしゃいますが、体の機能に必要な栄養素の補充や、体の機能・状態の正常化させる漢方薬で改善する例が多いです。

「一生治らない」と病院に言われ、目の前が真っ暗な方。
らくだで「健康的な生活とは何なのか」というのを学び、漢方で実践してみませんか?

 

▽お問い合わせは下記リンクからお願いします▽ 

http://kusurinorakuda.com/contact/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です