□らくだ体験談「痰のある咳」ー60代 女性―

野田ジャーナルに掲載させて頂いた、クスリのらくだのお客様による体験談です。
10年来悩んでいた痰のある咳が、クスリのらくだで治療後、状態が改善されたご様子です。

痰のある咳 60代女性

約10年前は緑色の痰のからんだ咳が一日中出る。
通院し蓄膿症と診断。抗生物質やムコダインなどを続ける。
今は透明だが一日中痰のある咳が出て今流行のコロナと間違えられるのではないかと咳の度に回りの視線が気になるとご来店。らくだでは鼻や気管の粘膜を丈夫にするお手伝い。早寝早起、バランスの良い食事の実行と漢方等服用。
約4カ月後「すっかり治った」とニコニコ。継続中。

※野田ジャーナル 1667号掲載済み※

【咳の出ない体作りは粘膜強化が重要】

咳が出たら咳止め、という事で、病院に行けば咳止め(+痰切り)が処方され、市販薬でも咳止めが複数種販売されています。

ですが、咳止めはあくまで咳「止め」であって、咳が出る原因を取り除くものでも、咳が出ない気管支を取り戻すものでもありません。

この方の場合は、気管支の粘膜を丈夫にする処方をお選びした所、比較的早期に改善が見られ、4か月後にはニコニコしながらすっかり治ったと仰られていました。

長引く咳が咳止めで治まらない方、お気軽にご相談くださいませ。

▽お問い合わせは下記リンクからお願いします▽ 

http://kusurinorakuda.com/contact/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です